保温工事

タムラカントウの保温工事(熱絶縁工事)

保温工事とは、結露対策などを目的として、保温材などで配管をくるむ処置のことです。タムラカントウではダクトの保温工事を承るのはもちろん、保温処置済みの「保温ダクト」を開発。保温工事にかかる人件費・工期を抑え、安価かつ手軽に保温機能をご利用いただけるよう努力しています。

保温工事のおもな目的

・省エネ
空調用ダクトなどに保温工事を施すことで、熱い空気を熱いまま、冷たい空気を冷たいまま運べます。これによって冷暖房の効率を高めることができ、光熱費の削減につながります。

・結露予防
室内の空気が暖かいときにダクトが冷えていると、ダクトの表面に結露が発生します。ダクトに保温材を巻くことで、ダクトの表面温度は周辺温度とほとんど変わらなくなるため、結露を予防できるのです。

保温ダクト

タムラカントウでは、あらかじめ保温のための加工をしてある「保温ダクト」を開発中です。 開発が終わり次第、掲載いたします。